目頭切開でパッチリ目元が実現│メイクも楽になる目元づくり

進歩した機器で治そう

ドクター

美容整形業界において、レーザー治療は古くから行われている治療法であり、とても普及されています。その技術はずっと同じというわけではなく、よりよい治療効果を得るために日々進化しています。例えばシミを取るためのレーザーに関して、15年前はQスイッチパーレーザーというものが使用されていました。しかし、メンテナンスが大変なうえに巨大で振動や結露に弱いといった理由で、現在ではほとんど使用されていません。現在では、レプライドとよばれる機種などのより効果が高い機種に、次々と変化しつつあります。また、照射時間は基本的なレーザー治療用の機種の場合、マイクロ秒の単位まで調整できます。しかし、最新のレーザー治療用機種の場合、ピコ秒つまり1兆分の1票単位まで調節できるようになっています。

シミ取りの方法は現在色々とあります。例えば、ビタミン類をとることによってシミを消すことができるともいわれています。確かに、初期の薄いしみはビタミンを摂取することで改善されます。しかし、肌の深くまで入り込んだシミに関しては、ビタミン類を取っただけでシミは消えません。最近はプチ整形と言って、シミに関しても手軽な方法で消滅させようということが盛んに言われています。しかし、何回も安い治療を受けるよりも、しっかりとレーザー治療を受けるほうが経済的には安上がりになる場合もあるのです。レーザー治療によるシミ取りは、痛みは全くなく安全ですし、効果も照射してもらった瞬間から現れて、その効果は半永久的に持続します。美容整形はその時だけのコストを考えず、長期的な目で見て選ぶようにしましょう。